平成28年度 第一回C級審判員試験のお知らせ

 競漕大会(ボートレース)は選手が主人公ですが、競漕大会を運営する役員の中で選手に最も間近で役割を担うのが審判員です。皆さんも審判員として競漕大会に参加してみませんか?

 

 日本ボート協会が定める公認審判員にはC級、B級、A級、参与および名誉審判員の5種類があり、公認審判員になるには、まず以下にご案内するC級審判員を受験し合格しなければなりません。

 

 審判員資格は日本どこでも通用するものであり、委嘱を受ければどこにでも出かけて審判業務を行うことができます。またB級審判員資格を取得すれば、国際審判員資格を取得する道も開かれるので、将来はオリンピックの審判員を務めることも夢ではありません。

 

今回のC級審判員試験は、以下の要領で実施しますので奮って挑戦してください。

平成28年度第一回C級審判員試験のお知らせ(PDF:179KB)