【結果】第30回三重県マシンローイング大会

 平成29年12月10日(日)、第30回三重県マシンローイング大会が三重県立津高校武道館で行われました。今回は、当日、9歳以下の500mにエントリーした3名を含め、過去最大となる57名が参加しました。

 

 中原克己三重県ボート協会理事長から「平成33年開催の三重とこわか国体に向けて頑張ろう」と激励の言葉があった後、宮川ボートクラブ千原麗選手が選手宣誓を行ない、競技が開始されました。

 

 大会では、昨年に引続きスターライン株式会社のご協力を得てe-rowingシステムを採用しました。スクリーンに投影されるレースの模様は見学していた父兄にも好評で、応援の掛け声が飛び交う中、選手は懸命にオールを引き、会場は熱気に包まれました。

 

 また、初めてrowingをするという阿藤寛奈さんが女子16歳から18歳の部に参加し、見事に2千メートルを漕ぎ切りました。

 

 カテゴリー毎の上位3名には表彰状と記念品が贈呈され、大会を無事終了しました。メイン種目の16歳から18歳の部男子の部は松本幸大選手、女子の部は奥田美和選手が優勝しました。

 

 最後になりましたが、大会の開催にご協力いただいたスターライン株式会社様、アサヒ飲料株式会社様、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社様に御礼申し上げます。

 

DSC_0038_4 DSC_0040_4 DSC_0041_4 DSC_0042_2 DSC_0045_3 DSC_0048_3 DSC_0052 DSC_0054 DSC_0055 DSC_0062 DSC_0068